サプリメント 取り方 栄養素

健康・美容

サプリメントの上手な取り方!身体に合った栄養素を取ろう!

こんにちは!星乃(@madoka_hoshino)です。

サプリメントとっていますか?

世間には色々なサプリメントがありますよね。サプリメントは足りない栄養素を補う便利なものです。私も妊娠中などは、葉酸などのサプリメントを使っていました。今でも定期的にとっているサプリメントがあります。

サプリメントの上手な取り方はあるのでしょうか?効果的な飲み方のご紹介です!

そもそもの基本!サプリメントは食事を補うものである

サプリメントって要は、足りない栄養素を補うもの

現代は野菜の栄養素も少なく、食事の欧米化によってとれるビタミン&ミネラルが不足しています。流通が発達してしまったため、とれたての野菜を食べることは少なく、長い期間移動して、そこからスーパーマーケットに並んだ野菜を買っています。

時間が経てば経つほど、野菜の中の栄養素は少なくなっていくと言われています。冷蔵庫なんてものも発達してしまって、どんどん取り立ての野菜を食べる機会は減っています。

だからこそ野菜に含まれる栄養素はどんどん少なくなっているのです。

そして欧米化により、日本本来の和食というものは少なくなっています。和食には豊富なビタミンやミネラルが含まれるメニューがたくさんあります。和食の回数が減ってきているがために、足りない栄養素が出てきてしまっているのです。

それを補うために上手にサプリメントを使って行きましょう。 ただしサプリメントはあくまで補助食品です。食事を補うものであって、食事の代わりになるものではありません。

食事では補いきれない、不足しがちな成分を普段の食事にプラスしてサプリメントで摂ることで健康に役立てるものです。あくまで食事の補助として利用すべきものと考えましょう。

たくさんのサプリメントをとって食事した気分になっていては本末転倒。学生時代、ダイエットということでサプリメントしかとってない子、いましたね。確かにどんどん痩せていったように思いますが、痩せ方が不健康だった気がします。

よくよく考えたら体にいいわけないですよね。 ダイエットのために、サプリメントで代用するのは厳禁ですよ!では、栄養補助のためにサプリメントを摂るとすれば、どんなサプリメントが良いのでしょうか。

※この記事を読んだ人にオススメの記事
慢性疲労やだるさに効果がある食材は?

おすすめはマルチビタミンとミネラル

現代の食生活はビタミンやミネラル、食物繊維などが不足しがちです。

このような微量栄養素が不足すると、疲れやだるさなど様々な不調が体に現れてきます体の調子を整えるのがこれらの栄養素です。

ビタミンミネラルエネルギーを作り出すために欠かせない栄養素ですので、これを補うことがサプリメントの役目になります。

基本はマルチビタミンとミネラルで栄養素のベースを取り、そこから自分に必要なサプリメントを選んでいくと良いでしょう。

サプリメントの質はものによって大きく異なるので、なるべく品質の良いサプリメントを取るようにしたいものです。中にはほとんど 栄養素が含まれてない様なものもありますので気をつけましょう。

栄養補助になるどころか体にあまり良くないと思われるサプリメント飲んでしまっては、お金をかけて体を悪くするようなものです。

やはり異様に安すぎるサプリメントは避けた方が良いと思います。以前は100円均一などでもサプリメントが売られていましたが、 やはりちょっと怖いかなと思います。

現在病院で治療中の方、薬などを処方されている人は、飲み合わせなどの問題もありますので、医師や薬剤師に相談しておきましょう。

サプリメントを定期的にとっていると、体にも影響が出てきます。もちろん効果があるから飲み続ける価値があるわけです。1ヶ月から3ヶ月程度は続けて摂ってみてください。

サプリメントはいつ飲んでもかまわないのですが、やはり効果的な飲み方は存在します。基本的には1日の目安量を3回程度にわけて、食後に取るようにします。

体質に合わないような時はすぐに服用を中止しましょう。最初から一気に何種類ものもサプリメントを摂るのではなく、ひとつずつ増やしていきましょう。

病める時も少しずつ飲む量や回数を減らしていきます。急にやめるとビタミン欠乏症の様な症状が出ることもありますので気をつけましょう。

※この記事を読んだ人にオススメの記事
体のだるさがとれない…慢性疲労に隠された重大な病気は!?

サプリメントの上手な利用法

1日の目安量を3回に分け、食後に水で飲むことが基本

薬と同じでお茶などはサプリメントの効果を消してしまう恐れがあります。

飲み始めてから気になる症状が出たら服用やめる体に合わないこともありますので、そういう時は服用中止しましょう。現在通院中や治療中であり、薬を服用している場合は薬剤師か医者に相談したほうが良いです。

1ヶ月から3ヶ月は続けて摂ってみる

サプリメントは薬ではありませんので、速攻効果が出るというものではありません。やはり続けて徐々に効果を発揮するものですので続けないと意味がありません。

サプリメントを増やす時は1種類ずつ増やす

もし体調の変化があった時に、どんなサプリメントが原因だったかがわかりやすくなります。これが一気に何種類ものサプリメントを飲んでいたら、何が原因で体調の変化があったか分からなくなってしまいます。

辞める時は少しずつ量や回数を減らす

同じように一気にやめることはせず少しずつ減らしていきます。

※この記事を読んだ人にオススメの記事
ママにオススメ!肩こりを取る1分でできる簡単寝ながらストレッ

あなたに合った栄養素を!身体に必要な栄養素はコレ

基本はマルチビタミンを摂取するとして、あとはどんなサプリメントを飲んだらよいのでしょうか?

あなたの体質、症状、生活サイクルに合った栄養素の一覧です。参考になれば幸いです!

血の巡りを良くする栄養素

ビタミンB群

ストレスが多い人、甘いものをよく食べる人、貧血気味の人、筋肉疲労が多い人、揚げ物などが大好きな人 食べ物をエネルギーに変える時に必要。ビタミンB群が不足すると、代謝が低下して疲れやすくなったり筋肉疲労も起こります。

体を活性酸素から守る栄養素

ビタミンC

ストレスが多い人、貧血気味の人、野菜嫌いの人、筋肉疲労が多い人

血液を作る時にもビタミンCは働きます。細胞の結合成分やコラーゲンの合成に必要で、皮膚や血管や骨などを強くします。イライラにも効果があります。

ビタミンCは水溶性であり、体に留めておくことができず、余剰分は排出されてしまいます。ですので、一気に取ろうとせず、細かく分けて摂取すると効果的です。

体を作るタンパク質

プロテイン

筋肉疲労の人、貧血気味の人、皮膚や髪の毛が弱い人、筋肉が弱い人

筋肉から神経伝達物質まで生命維持に欠かせない栄養素がプロテインです。プロテインを構成するユニットがアミノ酸です。マルチアミノ酸と書かれたサプリメントがおすすめです。

疲労回復におすすめ

にんにく

筋肉疲労の人

ビタミンB1と一緒にとるとアリチアミンという疲労回復物質になります。サプリメントでは無臭のSアリルシステインという物質を含む黒にんにくが良いでしょう。

貧血気味の人には必須の栄養素

貧血気味の人

血液中のヘモグロビンの大切な要素で酸素を運んでいます。鉄分が不足すると貧血を起こしやすくなります。特に生理中などはオススメです。

食欲不振を改善

高麗人参

貧血気味の人、低血圧の人、冷え性、虚弱体質

高麗人参に含まれるサポニンには、新陳代謝を促し疲労を取り除く効果があります 。 食欲不振にも効果があります。血流を良くする効果もありますので冷え性などにも効果が期待できます。

毛細血管の血行を良くする栄養素

ビタミンE

冷え性の人、ホルモンバランスが崩れている人

細胞膜などを活性酸素から守る脂溶性の抗酸化ビタミンです。血行を改善し新陳代謝を活発にする効果があります。またホルモンバランスを整えたりすることにも効果があるでしょう。天然由来のサプリメントがおすすめです。

エネルギー代謝に重要な栄養素

マグネシウム

ストレス過多の人、ホルモンバランスが崩れている人

カルシウムと密接に関わりがあり、骨の健康維持する働きがあります。エネルギー代謝に重要な役割を果たす栄養素です。カルシウムとマグネシウムを2対1の割合で取るようにするのがお勧めです。

女性ホルモンを補う栄養素

イソフラボン

ホルモンバランスが崩れている人

エストロゲン不足を補うことができるのがイソフラボン。大豆の食物色素の一種で女性ホルモンと似た働きがあります。1日30mg の範囲内で摂取するようにしましょう。

大豆イソフラボンは取りすぎると健康を害する恐れがあります※あくまでサプリメントであり、納豆など食物は大丈夫です。

※この記事を読んだ人にオススメの記事
足より簡単にできる耳つぼマッサージとは?肩こりに効く!

オススメのマルチビタミン&ミネラルサプリメントの紹介!

ここからは、実際星乃が飲んでいるサプリメントの紹介です!

LIFE STYLE(ライフスタイル)マルチビタミン&ミネラル

マルチビタミン&ミネラル

→LIFE STYLE マルチビタミン&ミネラル

わたくし愛用のライフスタイルさんのサプリメントであります!

このライフスタイルさんって天然素材専用のサプリメント会社なんですよ。だから、人工的に作られた合成栄養素じゃないってこと。

一袋100円とかのレベルのサプリメントはほぼ合成された栄養素です。それでも栄養はとれるのかもしれませんが、天然由来のビタミンには、ファイトケミカル、カロチン群、フラボノイドなど表示されている栄養素以外のものもとれるメリットがあります。

なぜ、そのような栄養素がある方がいいのかというと、吸収力が断然違うから。せっかくサプリメントをとっても、うまく吸収されずに外に排出されてしまったら、飲む意味がありませんよね。食事だってバランスが取れて初めて健康になるもの。要はバランスが大事なのです。

ビタミンCひとつとっても、天然由来のビタミンCには糖質やらタンパク質やら脂質やらが含まれています。意外ですよね。

ですが、この微量な栄養素がビタミンCの吸収力を上げているというわけです。なので、サプリメントは断然天然素材のものがオススメです。

ライフスタイルさんのサプリメントは、

●天然素材

●添加物不使用

●創業20年の老舗

日本健康スポーツ連盟の推奨サプリメントに認定

●タムリース加工、キレート加工という、ビタミンの吸収を促進するコーティング技術を使っている

●上記の加工ができるのアメリカのため、アメリカで日本仕様のものをわざわざ作っている

などなど、評価の高いサプリメントです。

あと大事なことですが、意外と高価じゃないってことです。よいサプリメントはどうしても、高くなりがちですが、お手頃な価格に抑えてくれているのが、子持ちのママにはありがたい。

というわけで、お財布にも優しい(大事)

ライフスタイルさんのサプリはもうかなり長く使っていますが、アラフォーになっても持病の一つもなく、健康ですよ☆(産後少しだけ腰痛になった時期がありましたが)

ライフスタイルマルチビタミン↓

おまけ

一時期、産後で疲れやすかった時があって、その時にはニンニクのサプリメントを飲んでました。

具体的には、健康家族さんの黒酢にんにくというやつですね。しばらく飲んだら、体力戻ってきたというか、元気になりました。ニンニクパワー恐るべし!なんだか体力がない、、、疲れやすいって人にはよいですよ。

 

まとめ

サプリメントの効果的な正しい飲み方、そして、オススメのサプリメントの紹介でした!

●基本ベースで不足しがちなマルチビタミン&ミネラルをベースとして取る

●それから自分で足りないと思われる栄養素のサプリメントを取る

●1~3ヵ月は続けて摂ってみる

●服用するときは、水で飲む

●増やす時はひとつずつ

●減らすときもひとつずつ徐々に

●飲むときは、3回に分けてとる

 以上のことを気をつけて、サプリメントを上手に活用していきましょう。

※この記事を読んだ人にオススメの記事
お風呂あがりにリラックス!簡単オイルマッサージ方法はコレ!

関連記事

  1. 女性ホルモン 乱れ 原因 ストレス 改善方法

    女性の悩み

    女性ホルモンの乱れの大きな原因はストレス!改善方法は?

    こんにちは!星乃(@madoka_hoshino)です。女性ホル…

  2. 白血病 貧血 原因 女性 病気

    女性の悩み

    これは怖い…白血病の可能性も!貧血が原因となる女性の病気

    こんにちは!星乃(@madoka_hoshino)です。白血病の…

  3. 耳つぼ 肩こり 簡単 直し方 頭痛

    健康・美容

    足より簡単!耳ツボが効く!肩こりや頭痛の簡単な直し方

    こんにちは!星乃(@madoka_hoshino)です。耳つぼ刺…

  4. 寝ながら 肩こり 解消 ストレッチ

    女性の悩み

    ママおすすめ!肩こり解消寝ながらできるストレッチ!レベル2

    こんにちは!星乃(@madoka_hoshino)です。寝ながら…

  5. だるさ 疲れ 病気 原因
  6. 体のだるさ 疲れ 原因 病気 診療科

コメント

Twitter でフォロー

Most Viewed Posts

アーカイブ

  1. 貧乏 脱出方法

    お金のこと

    貧乏から脱出する具体的な方法を書く!節約→貯金&資金作り→投資が最強最短ルート
  2. サプリメント 取り方 栄養素

    健康・美容

    サプリメントの上手な取り方!身体に合った栄養素を取ろう!
  3. 女らしさ 似合わない 出せない

    女性の悩み

    女らしさを出せないと恋愛では損をする!服装や髪型を変えたら男性の反応が激変した話…
  4. ダイソー ノート 文房具

    節約

    100均で節約!ダイソーの学習帳ノートが優秀すぎるwww
  5. メンタリストDaigo ダイゴ オススメ ココナッツオイル 日焼け止め

    節約

    肌のエイジングケアでオススメのクリームは?価格が安くコスパ最強の保湿アイテムは二…
PAGE TOP