専業主婦 後ろめたい メリット デメリット

夫婦

専業主婦は後ろめたい?子育て・夫婦関係でメリットは多数あると思う理由



こんにちは!星乃(@madoka_hoshino)です。

専業主婦は後ろめたくなんかないよ。メリットたくさんあるよ!

先日、ニュースサイトに専業主婦は後ろめたい、という記事が上がっていました。専業主婦で働きに出ていない女性は、なんとなく後ろめたい気がしてしまうんだとか。

でも専業主婦にはめちゃくちゃメリットがありますよ。私は、今でこそ専業主婦ですが、バリバリ働いていた時代もあります。専業主婦・兼業主婦、両方の時代があるからこそ、専業主婦のメリットもよく知っています。

専業主婦は子供や夫婦にとって気づかないだけでかなりのメリットがありますので、それをまとめてみました。

記事を読んでわかること

専業主婦の子供・夫婦関係におけるメリット

専業主婦のデメリット

専業主婦のデメリットをカバーする方法


専業主婦の子供・夫婦関係におけるメリット

私の両親はずっと共働きでした。
わたしは生後二か月からずっと保育園通いでしたので、子供として経験しているのは共働きで家にいない両親の姿です。

とあるブログで、夫婦共働きは時間と家族崩壊との闘いである。と書かれていました。

自分の子供時代を振り返り、過去にキャリアウーマンをやっていた立場、今の専業主婦をやっている立場から見ても、共働きは時間と家族崩壊との闘いというのは、あながち大げさな表現ではないと思います。

というのも、子供時代を振り返ってみれば、家族崩壊しそうな危機はわりとあったからです。

実家は外から見えて、ごく普通の円満な家族に見えていたと思います。

しかし内情は、ちょっと綻べばあっという間に崩壊しそうなバランスでぎりぎり家族が成り立っていたといっても過言ではありません。

というか、実際に決定的に崩壊した(崩壊したけどまあ何とかリカバリーした)というようなことはありましたし、普段の様子からも、夫婦関係が良好ではない様子は今思えばたくさんありました。

子供であった私自身も、いくつか問題も起きていました。

そのすべてが親が共働きのせいだ、とは言えませんが、仕事が忙しく、子供に目が行き届いてなかったというのは間違いありません。

今、わたし自身が専業主婦をやっていて、子供をよく観察する時間が十分あるからこそ、子供の些細な変化に気づくことが可能だと思うからです。

●専業主婦は夫婦関係を良好に保ちやすい
●専業主婦は子供に目を行き届けやすい

これらのメリットがあるんです。些細なことかもしれませんが、これがないと、家族崩壊には大きく近づきます。一つずつ書いていきます。

専業主婦は夫婦関係を良好に保ちやすい

実家の夫婦関係の問題は、いろいろありますが、今振り返るとコミュニケーションの時間がなかったであろうことがあげられます。共働きの時間のなさは半端ではありません。

朝早くに子供を保育園に預け、夕方に迎えに行ったらそこからご飯作りやお風呂に入ったらあっという間に夜寝る時間です。夜にかろうじて晩酌の時間が夫婦の時間であったようですが、朝早くからご飯作ったりするので、(5時起きとか)必然的に睡眠時間が削られます。

母親は40代にして大きな病気にかかってしまったのですが、長年の気苦労や睡眠不足があったのではないかと思います。ともに働きながら、生活のアレコレをしながら、子供の様子をしっかりとチェックし、夫婦のコミュニケーションもとるというのは、非常に難しい。

私が見た記事では、共働き夫婦は努力しないと、夫婦崩壊している例(書いた人の会社の共働き夫婦の例)がたくさん書かれていました。

●夫が奥さんを顧みず、家事を好き勝手なことをして離婚。

●夫婦コミュニケーションのなさやすれ違いから奥さんが浮気に走り離婚。

●夫婦としての愛情はないけど同居人みたいになってしまっている夫婦。

自分の家を思い返しても、似たような状況になっていたなと思い返してみて思います。今、専業主婦になってある程度、塩パパの仕事スケジュールに合わせられるようになってみて、やはり夫婦関係というものは格段に良くなっていると思います。

自分が働いているときは、キャリアがあればあるほど、仕事のことばかりで脳内に他の情報が入らないんですよね。子供がいたら、なおさらです。

仕事→子供→夫婦、と一番後回しになるのが夫婦関係なんです。

私が時間を合わせることができるので、夫婦の時間も取れていてお互いの理解度も今の方が全然あります。やはり、コミュニケーションがとれないと、夫婦関係はどんどん冷める方向に行きます。元は血のつながらない他人ですからね。

お互いの価値観も違っていることも多々ありますが、コミュニケーションが取れていると、その価値観の違いも個性として認められるんです。理解度が上がるから。今の方が、塩パパの考え方とかも、理解できることが多くなっています。

バリバリ働いているときは、何もかも余裕がないせいか、「なんでそんな考え方なの?」とか「なんでこんなことが理解できないの?」とか思ってイライラしていましたからね。それはたぶん、お互い様なのです。

やはり、コミュニケーションの時間が一定時間ないと、(そして気持ちの余裕もないと)すれ違い度合いは高くなると、両方を経験した私の実感からも思います。夫の仕事に合わせることができる専業主婦は、やはり夫婦のコミュニケーションも増え、関係を良好に保ちやすいのではないでしょうか。

専業主婦は子供に目を行き届けやすい

私にはラブちゃんとマリオくんという二人の姉弟がいます。

専業主婦になってみて思うのは、子供に目が行き届けられるということです。
自分がバリバリ働いているときは、見てはいるけど限界があるんですよね。

自分の仕事が忙しすぎるので、どうしても、子供の事がおざなりになりがちになるんです。そうならないように頑張ってはいたのですが、専業主婦になってみて、やはり仕事をしながらでは十分ではなかったなと実感しています。

もちろん、それが子供の自立を促すというメリットもありますが、子供に何か問題が起きた時に、子供の変化には気づきずらいです。

私は小学生時代、クラスの子たちにいじめにあったことがあります。
その時に、親に相談できなかったんですね。なんていうか、親も忙しそうで話をするタイミングもないし、心理的な距離感もありました。


なので、小学生時代の私の考えは、「黙っていて、やりすごそう」だったんです。自分が我慢すればいいかな、と。

心配かけたくないとか、そんな大層なことは全然思っていませんでした。
単に、「話せなかった」だけ。それだけ、親との心理的距離感があったわけです。


なので、家では何事もなかったようにふるまっていました。ですが、普段から子供の様子がよく見れていれば、些細な変化は感じ取れると思うんですよね。

でも、仕事が忙しくて、子供の様子をよくチェックできないと、その些細な変化に気づかないんです。

普段からコミュニケーションも少ないから、子供との距離感も出てきてしまう。それはどうしようもないことですが、両親ともに家にあまりいないという状況は、子供にはやはりデメリットは大きいと思います。

私のいじめがようやく親に伝わったのは、私の口からではありません。
私は完璧に隠し通していました。しかし、罪悪感からか、いじめたメンバーの一人が、先生にいじめを伝えたのです。

担任の先生からの連絡で、親は自分の子供が初めていじめにあったことを知ったわけです。それくらい、子供がいじめられてるかなんて、よく子供を観察していないと気付かないんです。子供が隠していたら、なおさらです。

共働きで働いていて、子供と接する時間が極端に少なければ、こういった些細な子供の変化にきづくこともなかなかないでしょう。

私は専業主婦になってから、子供の言動はよくチェックしていますし、様子も観察しています。今日は元気ないな、とか、何か考え事してるけどどうしたのかな、とか。

どんな子と遊んでいるかも、家に居るおかげでよくわかります。(家に遊びに来ることも多いので)

そのおかげで、ちょっとしたトラブルにも気づき(子供の言動や変化)、子供に聞いて、解決したこともあります。

これが自分がバリバリ仕事していたとしたら、家にいなくて子供と接する時間が短かったとしたら、たぶん気づかず、見過ごしていただろうと思います。

子供と接する時間が多い。これは専業主婦の多大なメリットだと思います。

専業主婦のデメリット

メリットもあれば当然デメリットも存在します。すべては等価交換ですからね。(トレードオフとも言いますね)

専業主婦のデメリットは、

●夫の収入だけになって金銭的に苦しくなる場合がある

●社会に関われない(存在価値)閉鎖的になる場合がある

 こんなところでしょうか。

夫の収入だけになって金銭的に苦しくなる場合がある

専業主婦のデメリットと言えば、やはりメインは金銭的なことでしょうか。共働きであれば二馬力になり、もしどちらも正社員になったら、世帯年収は単純に二倍になります。

今や夫の稼ぎ一人分だけで、子持ちファミリーが十分な生活を送れるようにはならないのが日本の現状です。終身雇用もどんどん崩壊していくでしょう。専業主婦してたら夫の職がなくなった、ではシャレになりません。

だからこそ、お金の為にと共働きを続ける夫婦は多いと思います。実家も私を含め3人も子供がいたので、母親が仕事を辞めるという選択肢はありませんでしたから。

社会に関われない(存在価値)閉鎖的になる場合がある

専業主婦だと、社会とのかかわりが少ないと不安になる人もいます。

働いてないことで生産性がないと見られることもあります。だからこそ、専業主婦は肩身が狭い思いをしたり、後ろめたいと思ったりすることもあるのでしょう。子育てや家事にやりがいを感じられないと、よりこの思いは強くなるかもしれませんね。

私はママ友を積極的に作ったりはしないのですが、ママ友のコミュニティはある意味特殊です。話題は子供の事がやはり多いですし、マウンティングなんて現象もよく見られます。(旦那さんの職業や収入や、持っている車や家を競ったりなど)

専業主婦だとそこしか世界が無くなってしまうので、それに悩む女性も結構います。そういう意味では「閉鎖的になってしまう」というデメリットも存在しますね。

私自身は、やはりママ友の中での話題には合わなかったですね。

子供の話ならともかく、ドラマや芸能人の話、誰誰の噂話、誰かの旦那の噂話、どこどこのスイーツがオイシイとか、そんな話にはまったく興味がなかったから。

そんなことより、今日のトランプ大統領の発言とか、それに対する影響とか、通貨や日経平均のこれからとかそういう話ができるママ友が欲しいです(なかなかいないことは承知の上です笑)

専業主婦のデメリットをカバーする方法

マイホーム 後悔

専業主婦のデメリットをカバーする方法はないのでしょうか。

それは今私がやっていることでもあるのですが、専業主婦でも収入を得ることです。もちろん、パートでもいいのですが、パートでは収入量に限界がありますし、時間の拘束もあります。

オススメなのは在宅で収入を得ることができる副業や投資ですね。

私は両方やっていますが、子供たちや塩パパのスケジュールに合わせ、家事や子育てをしながら収入も得られています。

私は元漫画家のため、絵を描くスキルがあります。そのおかげで知り合いから絵や漫画の仕事をちょくちょくもらうことができているんですね。

子育てや家事をやりながらできるようなゆったりしたスケジュールでできるような仕事をしています。

(それでも、一つの仕事で10~30万円もらえたりするので、一芸スキルを身に着ける大切さは痛感しています。)

そしてさらにブログやノートを販売したり、YOUTUBEをやったりと、収入の柱を少しでも多くするようにしています。

参考:大好きな絵で食べていきたい!それなら同人誌を描いてみよう。同人誌だけで年収1千万を目指す方法

 絵描きさんいらっしゃい!YOUTUBEチャンネル

RAKUGAKIX

 投資も積極的にしています。月で20~30万円の収入になっています。

参考:家族4人!元漫画家が資産運用だけで生きていく。

良い夫婦バランスは正社員+フリーランス

私が理想とする良いバランスは、夫婦のどちらかが会社員(正社員が望ましい)で、もう一方がフリーランスになることです。

会社員は給料はやはり安定していますし、ボーナスも出ます。(最近は出ない会社もあるようですが)でも、時間拘束はやはりあります。平日はずっと仕事ですし、残業がある職場もあるでしょう。

逆にフリーランスは私も長く経験していますが、時間の自由はある程度ききますが、収入の安定はありません。有休もないですし、ボーナスもありません。働いたら働いた分だけ、お金が入る仕組み。逆に言えば、サボったら1円も入りません。

収入の上下が激しく、保証がない分、利益が上がる時はサラリーマンの何倍にもなります。当たり外れが激しいのがフリーランスの特徴です。

だからこそ、夫婦で「会社員+フリーランス」の組み合わせはバランスがいいんじゃないかと思いますね。

会社員で安定を図り、フリーランスで勝負がかけられる。フリーランス部分で多少失敗しても、会社員の地盤があれば、生活はやっていくことができます。

フリーランスは自分の時間のスケジュールも自分次第なので、家事や子育てをしながら自分のペースで働くことも可能です。なので、私たちはこういう形をとって、バランスとしては非常にうまくいっています。

私の場合は絵を描くスキルがあったので、すぐに即金になりますが、何もスキルがないという人は、まずは在宅でできるライター仕事をしてみるのがいいかなと思います。

文字ならだれにでも書けるうえに、継続していれば月収20万円以上も稼ぐ人もいます。文章を書くことに慣れれば、ブログで収入を得る方向性もあります。

即金になりますし、誰でも在宅でできて可能性もあるという意味で、ライターという仕事はオススメです。

自分でライティングの仕事を探してくるのは至難の業なので、ライターを募集していて、仕事も受けられるサイトにライター登録するのがカンタンです。

ランサーズは私も登録していますが、ライティングの仕事依頼がたくさんあります。覗いてみて、書けそうな依頼があったら受けてみるのも手です。

興味がある人は、ランサーズの登録方法、使い方をまとめましたので見てください。

参考:在宅主婦にもオススメの副業はライター!ランサーズの登録の仕方

まとめ

専業主婦には家族関係においては多大なメリットがあります。だからこそ、専業主婦には後ろめたいと思わないでほしいです。

副業も投資も何もせず、ただの専業主婦だったとしても、やはりメリットは存在するわけですからね。

特に 子供や夫婦関係などは「幸せ」部分に直結しています。

お金を稼げたとしても、家族崩壊に繋がったら本末転倒ですからね。
専業主婦をやりつつ、そのデメリットもカバーしたいなら、副業や投資にチャレンジしてほしいと思います。このブログにも投資の事などは記事にしていますので、興味がある人はみて見てください。

専業主婦+フリーランス+資産運用は、専業主婦のメリットを生かしつつデメリットをカバーし、これ以上ないくらい最強の組み合わせだと個人的には思います。

この本は専業主婦のデメリットについてデータをもとに具体的に書かれています。読んで損はないかな。専業主婦するな!って感じですが、家族関係において大事なのは収入だけではないですからね。

本を読んで、デメリットを知った上で、どうするかが大事かなと思います。

関連記事

  1. 子供 おやつ 節約 簡単 手作り
  2. 男の子 育児 大変
  3. 子供 性格 遺伝 育て方

    子育て・教育

    子供の性格は遺伝か親の育て方か。うちの姉弟で考察してみた

    こんにちは!星乃(@madoka_hoshino)です。子供の性…

  4. 子育て 苦痛 育児 辛い 男の子
  5. 子供のケンカ 喧嘩 親 対処

    子育て・教育

    子供同士の喧嘩の対応。親は放置でいいと思う理由

    こんにちは!星乃(@madoka_hoshino)です。子供がいれ…

  6. 夫婦 お金 話し合い

    お金のこと

    夫婦でお金の使い道を話し合いした結果~2019年版

    こんにちは!星乃(@madoka_hoshino)です。2019…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter でフォロー

Most Viewed Posts

アーカイブ

  1. 日用品 節約 方法

    節約

    日用品の節約術~女性限定!毎月1000円お得になる方法
  2. 子供 おやつ 節約 簡単 手作り

    ミニマルな生活

    【節約】毎日でもOK!子供のオヤツを1人12円で簡単に手作りする方法
  3. 子供 性格 遺伝 育て方

    子育て・教育

    子供の性格は遺伝か親の育て方か。うちの姉弟で考察してみた
  4. ブログ運営 アドセンス 

    お金のこと

    ブログ運営報告 2018年11月の収入
  5. ダイソー 毛玉取り器 使い方

    ミニマルな生活

    【オススメ】100均毛玉取り機のコスパが抜群に良い!ダイソーくるくる毛玉取り器の…
PAGE TOP